2014年01月07日

ガイドヘルパーと外部サービス利用型特定施設入居者生活介護と開放病棟



●ガイドヘルパー(障害者移送介護従事者)とは

ガイドヘルパーとは、知的障害者や重度の視覚障害者、
重度脳性マヒの人が外出する際にサポートする
障害者移送介護従事者のことです。

ガイドヘルパーは、支援費制度上の仕事になるため、
ホームヘルパー2級の資格だけでは、
全身性障害者、視覚障害者、知的障害者の人たちの
ガイドヘルパーをすることはできません。

ガイドヘルパーになるためには、
研修を受け、その研修を修了することが必要です。


●外部サービス利用型特定施設入居者生活介護とは

外部サービス利用型特定施設入居者生活介護とは、
特定施設入居者生活介護におけるサービス類型の一種です。


●開放病棟とは

開放病棟とは、精神科病棟において、
入院患者さんや面会者などが自由に出入りできるように
行き来できる病棟のことです。

日中は通常施設していません。

開放病棟での治療が難しい場合は、
閉鎖病棟への入院を考慮します。

閉鎖病棟への入院患者は、
精神保健及び精神障害者福祉に関する
法律に基づく措置入院や医療保護入院等によって、
強制的な入院形態で入院しています。

ですから、任意入院の場合は、
原則として開放病棟へ入院することになります。










2014年01月03日

疥癬


●疥癬(かいせん)とは

疥癬とは、ヒゼンダニが感染することによって生じる皮膚疾患のことです。

指の間や側面、関節などに湿疹ができます。

激しいかゆみを伴います。

寝具や入浴等を介して感染します。

昔から良く見られた皮膚疾患で、
感染すると治りにくいといわれていますが、
きちんと治療をすれば簡単に治ることが多いです。

ただし、疥癬には、「通常疥癬」と「角化型疥癬」があり、
角化型疥癬は感染力が強く、周りの人に感染する可能性が高いです。

衣類や寝具は、毎日清潔にすること、
掃除は丁寧に掃除すること、
殺虫剤を散布することなどが必要です。

そして、角化型疥癬では、個室隔離等が必要です。

とはいっても、通常は、通常疥癬が大多数で、
角化型疥癬はまれです。

免疫力が低下していると、角化型疥癬になり、
強い感染力を伴うようになってしまいます。

高齢で体が弱っている人や、
重症感染症、悪性腫瘍などの基礎疾患のある人、
ステロイド剤や免疫抑制剤を投与している人には、
とくに注意が必要です。









ラベル:疥癬

2013年12月29日

介護施設と介護力強化病院



●介護利用型経費老人ホーム(ケアハウス)とは

食事や入浴を手伝ってもらいながら自立した生活を続けることができるように、
構造・整備が工夫された経費老人ホームのひとつです。

●介護療養型医療施設とは

介護療養型医療施設とは、急性疾患にかかった人が、
リハビリ等で長期の療養が必要な場合に入所する施設です。

介護療養型医療施設では、医師のかんりのもとに、
機能訓練が受けられ、介護サービス、看護も受けることができます。

●介護老人福祉施設とは

介護老人福祉施設とは、在宅での介護が難しい人が入所し、
日常生活の世話や介護を受けることができる施設です。

主に特別養護老人ホームが指定をうけ、
サービスを提供しています。

●介護老人保険施設とは

介護老人保険施設とは、比較的症状が安定した要介護者のための施設です。

自宅での生活と自立に向け、
医師の管理のもと、機能訓練や介護を受けることができます。

●介護力強化病院とは

介護力強化病院とは、医療法上の特例許可老人病棟で、
介護職員の重点配置など施設基準を満たしている病院のことです。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。