2013年11月07日

音声療法と音声障害と音声標識ガイド装置




●音声療法とは

音声療法とは、音響楽器やいろいろな音を使って
心や体、魂のエネルギーを整えていくものです。

音声の力を借りて、脳の状態を迷走状態にし
深い癒しや気づきを起こさせ、
心の癖やブロックを取り除き、
パターンを開放します。

また、音声療法の前後で、声の波形を使うことにより、
心や体、魂のバイブレーションが整い、
自分自身で自分の潜在から答えを引き出すことができるようになります。


●音声障害とは

音声障害とは、音声を構成する四つの要素、
声の音質、高さ、強さ、声の持続のいずれかに障害が生じることです。

声帯に無理な力をかけて、長時間歌い続けるなどするときにも生じます。


●音声標識ガイド装置とは

音声標識ガイド装置とは、電波小型発信機の押ボタンを押すと、
設備側に設置された装置からの音声や位置表示、
行き先案内を行う装置です。





2013年11月02日

オーバーベッドテーブル/オールドオールド



●オーバーベッドテーブルとは

オーバーベッドテーブルとは、
ベッド上で座って食事をしたりするときに使用するテーブルのことです。

●オールドオールドとは

オールドオールドとは、75歳以上の高齢者のことをいいます。
つまり、後期高齢者のことで、
65歳以上を高齢者としたときの75歳以上の人のことをいいます。




2013年11月01日

OT




●OTとは

OTとは、Occupational Therapyの略で、「作業療法士」のことです。

作業療法士は、身体や精神に障害がある人に対して
生活していくために必要な動作や社会に適応するための能力の回復を目指し、
治療を行います。

作業療法としては、手工業を用いるなどします。

作業というと、内職的な作業をイメージしますが、
作業療法の作業とは、音楽やスポーツなども作業ですし、
人と話したり、食べたり寝るなど、
生活のすべての行動を指します。

また、作業療法士は、治療のために、
いろいろな検査を行い、身体の機能や日常生活の状況を把握します。

作業療法の効果としては、リラックス効果、
気力を回復する効果、感情をコントロールする効果、
学習効果、コミュニケーション効果、生活技能や対処技能効果など、
さまざまな効果が得られます。

このような効果を得るために、
それぞれの人に対して目標を定め、
その目標達成のための作業訓練をしていきます。
ラベル:OT 作業療法士
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。