2015年03月04日

MRSA 


●要介護者に関するMRSA

MRSAは、感染すると、黄色ブドウ球菌の感染症よりも治療が難しいとされています。

しかし、近年は、MRSAにも効果のある抗菌薬が普及していますから、
過剰な不安を抱かなくても大丈夫になってきています。

とはいっても、入院を経験した在宅療養者や、病院から施設に移った要介護者などでは、
病院内でMRSAを保菌してしまっていることがあります。

特に、鼻・口・咽頭・わきの下・陰部などに、
保菌していることがあるため、
皮膚のバリア機能が弱っている部分から感染しないように気をつける必要があります。

要介護者の清潔、介護する側の清潔に気をつけましょう。

また、MRSAというと、介護する家族の方が、
自分も感染するのではないかと過剰に心配されることもあります。

しかし、MRSAを保菌している要介護者が、
MRSAをばら撒くわけではありませんし、
黄色ブドウ球菌を保菌している人も社会にはたくさんいます。

一般的な感染対策(手指洗いなどの清潔)に心がけ、
免疫力が極度に低下しないように気をつけるようにすれば大丈夫でしょう。

心配なことがあれば、介護の専門職が、
家族に対しても相談・アドバイスを提供することが必要ですね。








タグ:MRSA
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414971532
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。